初めてのバルコニーFRP防水【種類・費用・工事の方法】を完全解説

初めてのバルコニー防水【種類・費用・工法】を解説

この記事はこんな方にお勧め!
この記事は初めて外壁塗装をする時に、バルコニーのFRP防水も考えている方に向けた内容です。

  • 外壁塗装をするついでにバルコニー防水も何かした方が良いのかな?
  • 床にヒビが入っていてどうしたら良いか分からない
  • 雨漏りしている
このような方に向けて、バルコニーがFRP防水の場合のメンテナンスを適切に行うための手順を解説します。

この記事で分かる事
  • バルコニー防水の種類の見分け方
  • FRP防水のメンテナンスを行う時期の目安
  • どんな工事の種類や価格帯があるのか?
  • 劣化の状況に合わせた適切な工事の方法
気になる記事から読んで頂ければ、知りたい内容にまでたどり着けます。
もしあなたが業者さんなら、この記事を手本にして工事を行ってみて下さい。

バルコニーのメンテナンスを考え始めた時に読みたい記事

初めてバルコニーの防水メンテナンスを考えた時に知りたい内容をまとめました。

バルコニー防水の種類(FRP・ウレタン・シート等の見分け方)

バルコニー防水の種類の見分け方

まずは基本的なバルコニー防水の種類について解説します。

ご自宅のバルコニーが何で出来ているのか分からない方は、まずこちらから読んでみて下さい。

一般住宅のバルコニー防水の種類は、主に下記の4種類です。

バルコニー防水の時期

FRP防水のメンテナンスの適切な時期とは?

自宅のバルコニーがFRP防水だと分かったら、次はメンテナンスの時期について計画を立てましょう。

この記事ではFRP防水のメンテナンスを行うのに適切な時期の目安をお伝えします。

バルコニー防水の適切なメンテナンスの時期は、大まかに言うと10年から20年の間です。

  • 新築~10年:標準的な経年劣化であれば、特に何もする必要が無い期間
  • 10年~15年:バルコニー防水を同時に行うのに丁度良い時期
  • 15年以上:必ず防水のメンテナンスが必要な時期

FRP防水メンテナンスの費用

バルコニー防水の費用

FRP防水工事の費用は工事の種類によって随分変わります。

この記事ではトップコートの塗り替え工事と防水のやり直し工事についての費用の目安をお伝えします。

一般住宅のバルコニーの平均値を5m程度の長さとすると、防水工の費用はそれぞれ下記程度になります。

  • トップコート塗装:5~8万円
  • 防水のやり直し工事:10万円~20万円

バルコニー防水をDIYで行うには

バルコニー防水のDIY塗料

バルコニーの床面はDIYで塗装をするのに手ごろな大きさです。
ご自分で防水塗装にトライする場合の注意点を下記の3点を中心に解説します。

  • トップコートの塗り替えなのか・新規の防水なのか?
  • 今後もずっとDIYで塗り替えする予定か?
  • 下地に合った塗料や工法を選べるか?

FRP防水のメンテナンスで大切なのは【適切な劣化の判断】

次に、FRP防水メンテナンスで後悔しないために一番大切な事をお伝えします。
それは、適切な劣化の判断です。

バルコニー防水の劣化には以下の劣化区分があり、対応する工事の内容(と金額)が全く違います。
防水の劣化は以下の4つがあります。

  • 自然的な経年劣化
  • 新築時の工事の失敗
  • 新築後のトップコート塗装の失敗
  • 雨漏り

では、上記4パターンについてメンテナンスの方法を解説していきます。

自然的な経年劣化のメンテナンス

防水面に特に問題が無く、経年劣化の症状だけであれば「トップコートの塗り替え」がメンテナンスの内容になります。
防水のトップコート塗り替え工事で対応できるのは、新築時の防水工事に特に不備が無く、その後の経年劣化のみだった場合です。

主に10年前後で下記の経年劣化の見た目の症状を確認し、塗り替えが必要かチェックを行って状況に応じたメンテナンスをしましょう。

防水の経年劣化の症状例
  • 色が薄くなっている
  • よく歩くところの表面が摩耗して下地が見えている
  • 細かいヒビがある
  • 剥がれている所が無い
  • 表面が浮いている所が無い

新築時の工事の失敗がある場合

新築時の工事に失敗がり、防水面に問題があれば「防水のやり直し」がメンテナンスの内容になります。
下記の例の場合は、新築時の工事が失敗していたものが年数を経て症状として現れたものです。

下記の不具合が有る場合には、トップコートの塗り替えだけでは正しい防水の状態には戻す事は出来ません。
この場合には再防水工事が必要になります。

新築時の防水が失敗していた例
  • トップコートが割れたり剥がれたりしていて下地が見えている
  • 多きく太いヒビがある
  • 表面(床面・立ち上がり面)が下地から浮いていて押すと動く

新築後のトップコート塗装で失敗がある場合

新築後に行ったトップコート塗装で失敗してしまうと、塗ったものが剥がれて来る不具合が起きます。
そうなると、その後のメンテナンスの考え方は下記のパターンになります。

防水のトップコート塗装が失敗した後のメンテナンス例
  • 剥がれたままにする(新築時のトップコートが活きている場合)
  • 剥がれた部分を取り除き、再塗装する(何度塗り直しても剥がれて来る)
  • 防水のやり直し工事を行う

雨が漏っている場合

防水面の階下に雨漏りがある場合でも、単純に防水部が原因の雨漏りとは限りません。
下記の疑惑部分を含めた「雨漏り改修工事」がメンテナンスの内容になります。

雨漏り改修工事の例
  • 明らかに防水面が切れていて、そこからの雨漏りしている場合
  • 防水の立ち上がり部分と出入口サッシ下部との取り合い部分から雨漏りしている場合
  • バルコニー外側の壁から雨漏りしている場合
  • バルコニーの手すりや笠木から雨漏りしている場合
  • バルコニー上部の外壁から雨漏りしている場合

バルコニー下地への雨漏り

バルコニーが家の外へ張り出している場合は、室内に漏っていなくても裏の下地に水が廻っているケースがあります。
家の外部なので気にする事の少ない場所ではありますが、雨漏りしてからの修理は難しく費用も掛かりがちです。

FRP防水のメンテナンス方法

FRP防水のメンテナンス

FRP防水は戸建て木造住宅のバルコニーで現在最も使われている防水工法です。
住宅では浴槽や洗面台・トイレ等で使われていますし、船(ボート)やプールや貯水槽、車のバンパーにも使われています。

軽くて水に強いのが特徴ですが、バルコニーへの施工体制が整ったのは2013年以降です。
それ以前の建物ベランダに使われている場合は、経年劣化以外の部材の不具合がある可能性があります。

FRP防水のトップコート塗り替えの手順

  1. 電動グラインダーを使って表面の目荒らし
  2. アセトンによる油膜の拭き取り
  3. プライマー(次に塗る塗料によっては不要)
  4. トップコート塗装(1回又は2回塗り)
FRP防水のトップコート塗り替えの費用

FRP防水のトップコート塗り替えの費用は、外壁塗装と同時の場合は割安に出来ます。
バルコニーの長さが5m程度で1箇所の場合…5万円前後で可能です。

単独工事の場合は諸経費などで3万円ほど割高になり…8万円前後です。

FRP防水の防水のやり直し工事の手順 ①

  1. 電動グラインダーを使って表面の目荒らし
  2. アセトンによる油膜の拭き取り
  3. プライマー(次に塗る塗料によっては不要)
  4. ガラスマット敷き
  5. ポリエステル樹脂含浸・脱泡
  6. トップコート塗装(1回又は2回塗り)

FRP防水の防水のやり直し工事の手順 ②

  1. 床面にベニヤ張り
  2. 立ち上がり面のみ:電動グラインダーを使って表面の目荒らし
  3. 立ち上がり面のみ:アセトンによる油膜の拭き取り
  4. 全面:プライマー(次に塗る塗料によっては不要)
  5. 全面:ガラスマット敷き
  6. 全面:ポリエステル樹脂含浸・脱泡
  7. 全面:トップコート塗装(1回又は2回塗り)
FRP防水のやり直し工事の費用

FRP防水のやり直し工事の費用も、外壁塗装と同時の場合は割安に出来ます。
バルコニーの長さが5m程度で1箇所の場合…10万円前後で可能です。

単独工事の場合は諸経費等で割高になり…15万円前後です。

 

塩ビシート防水のメンテナンス

塩ビシート防水が戸建て住宅のバルコニーで使われている場合は、木造以外の建物が多いです。
一般的には鉄骨造ALC外壁の建物で多く使われています。
ハウスメーカーの建物は鉄骨造も多く、例えば旭化成のヘーベルハウスやダイワハウス・セキスイハウス・セキスイハイム等では塩ビシート防水が使われています。

「シート防水」には、塩ビシート以外にも加硫ゴムシートなどが有りますが、住宅のバルコニーには塩ビシートが使われています。
塩ビシートは2㎜程度の厚みで幅1m程度のシートを隙間なく貼り合わせて防水をします。

塩ビシート防水の寿命は概ね15年~20年なので、外壁塗装の時期が10年~15年目だった場合はまだ貼り直しには早いので保護塗装をする事も有ります。

塩ビシート防水の保護塗装の手順

  1. 高圧洗浄、又は清掃
  2. プライマー(次に塗る塗料によっては不要)
  3. トップコート塗装(1回又は2回塗り)
塩ビシート防水の保護塗装の費用

塩ビシート防水の保護塗装の費用も、外壁塗装と同時の場合は割安に出来ます。
バルコニーの長さが5m程度で1箇所の場合…4万円前後で可能です。

単独工事の場合は諸経費等で3万円ほど割高になり…7万円前後です。

塩ビシート防水の防水のやり直し工事の手順 ①接着工法

  1. 下地処理(防水層の浮き・はがれ部分の処理、凹み部分のカチオンモルタル等による不陸処理等)
  2. プライマー塗装
  3. 接着材塗布
  4. 塩ビシート張り付け
  5. 接合部の接着処理
  6. 立ち上がりぶ施工
  7. 端末シール処理

塩ビシート防水の防水のやり直し工事の手順 ②機械固定式

  1. 下地処理(下地の強度の確認等)
  2. 絶縁用シートの敷設
  3. 固定金具の取り付け
  4. 塩ビシートの張り付け
  5. 接合部の接着処理
  6. 立ち上がりぶ施工
  7. 端末シール処理
シート防水のやり直し工事の費用

シート防水のやり直し工事の費用は上記のようにグレードの幅が大きく一概には言えません。

外壁塗装と同時の場合は割安に出来ます。
バルコニーの長さが5m程度で1箇所の場合…10万円前後で可能です。

単独工事の場合は諸経費分割高になり…15万円前後です。

バルコニー防水の雑学・考察・豆知識

ベランダ防水のメンテナンスが難しい理由

バルコニーは雨漏りの危険は屋根よりも多い場所ですが、外壁塗装工事よりも専門性が必要な分野なので、適切な工事を行える職人が少ないのが実情です
もしも知識や技術の無い業者に依頼してしまうと、不適切な工事をされてしまい「工事をしない方が良かった」という事になりかねません…

「メンテナンス」と「改修」の違い

基本的なバルコニー防水のメンテナンス方法

バルコニーと雨漏り