屋根勾配とは?確認方法・図面の記号の見かた・屋根塗装と勾配のマメ知識

4 min 627 views
屋根勾配とは?

屋根の勾配(こうばい)とは、屋根の角度を表す建築の用語です。

寸法の単位は「寸」を使い、「4寸勾配」や「6寸勾配」などと言います。

勾配や寸は日常使わない用語ですが、屋根の工事をする時に打ち合わせや見積りで使う言葉なので解説します。

屋根の傾斜は「勾配」で決め「角度」は使わない

家の設計で屋根の傾斜角度を決めるときに、その「角度」は30度とか45度とかの角度では決めていません。

出来た屋根は結果的に角度で表す事は出来ますが、設計図に「この屋根の角度は○○度」とは書いていないのです。

図面に書いて決めるのは「勾配」です。

「寸」とは?

日本の建築では今でも「寸」や「尺」「間」が使われています。
屋根勾配の単位は「一寸法師」の【寸】です。

  • 1寸は3.03センチメートル
  • 10寸が1尺【30.3センチメートル】

「勾配」の表し方

屋根勾配(2・4・6・8・10)

屋根勾配の表し方は、水平方向(横)に10寸行ったところで、垂直方向(縦)に何寸上がったか?で数えます。

例えば10寸横に行き、6寸上がった場合は「6寸勾配」と表します。
(実際には「10」や「6」は【寸】でも【センチメートル】でも同じ事になります)

一般的な屋根の場合は4.5寸~6寸程度の勾配です。
1寸の1/10は1分(いちぶ)なので、4.5寸は4寸5分勾配と言います。

勾配の図解

勾配を図解で表してみましょう。

下図は6寸勾配の時の建物の断面図です。
横に10行ったところで上に6上がります。

屋根勾配の図(6寸勾配)
屋根勾配の図(6寸勾配)

各勾配の例

10寸の幅に対して何寸上がるか(下がるか)で勾配が決まります。

下記のように2寸・4寸・5寸・6寸・8寸・10寸…というように、縦方向の延びが大きいほど傾斜が急になります。(画像をクリックで拡大します)

2寸勾配
2寸勾配
4寸勾配
4寸勾配
5寸勾配
5寸勾配
6寸勾配
6寸勾配
8寸勾配
8寸勾配

10寸勾配
10寸勾配

勾配の図解まとめ

勾配を図でまとめて解説すると下記のようになります。

住宅の屋根の場合、屋根材ごとに適切な勾配がありますので規格に従って勾配が決まります。

屋根と勾配のまとめ
屋根と勾配のまとめ

屋根の勾配を図面で確認する方法

屋根の勾配は図面に書いてあるので確認が出来ます。

屋根の近くに直角三角形の定規のような形の横に数字が書いてある記号があります。
この図の場合は【6寸勾配】です。

6寸勾配の図面
6寸勾配の図面

図面に書いてある勾配の記号の種類

図面に書いてある勾配記号は、屋根の向きその他で下記のように三角形の向きが変わります。
(図ではどれも6寸勾配を意味します)

6寸勾配記号 どの向きでも同じ意味(6寸勾配)
6寸勾配記号 どの向きでも同じ意味(6寸勾配)

屋根勾配のマメ知識

屋根勾配の規則の理由

屋根の勾配が「10寸行って何寸か上がる」という決まりになっているのは、下図を見れば良く分かります。

この場合、屋根の垂木を載せる柱を勾配に合わせて上げて行けば、屋根を載せた時にきちんと平らになるのです。(この場合10行って6づつ上げれば良い)

6寸勾配の矩計図
6寸勾配の矩計図

屋根の場所で勾配が違う事も多い

家の屋根は、各面によって勾配が違う事も多いです。
特に北側が坂の下になる屋根では勾配がきつくなる傾向にあります。

下記の図面でいうと、4寸勾配側が南に向いていて6寸勾配側が北に向いています。

6寸勾配と4寸勾配の屋根
6寸勾配と4寸勾配の屋根

10寸が45度になる

10寸勾配(矩勾配)
10寸勾配(矩勾配)

10寸勾配は直角二等辺三角形になるので角度で表すと45度です。

専門用語にはなりますが、10寸勾配の時は特別に【矩勾配(かねこうばい)】と呼びます

「矩」という字は音読みだと「ク」、訓読みだと「さしがね・のり」と読み、直角(定規)の意味があります。

10寸(矩勾配)以上の急勾配屋根

3階建ての住宅では、10寸以上の勾配がある屋根面をよく見かけます。
隣接している家への採光を確保するために、3階の壁を削って屋根にしているケースです。

図で解説すると下記の場合、三角形の横側が【10】で縦側が【12.5】です。
縦側の数字は必ずしも【10】とは限りません。
縦側の数字が横の数字より大きければ、45度の矩勾配よりも急勾配の屋根という事になります。

12.5寸勾配
12.5寸勾配

急勾配屋根の実例

このように外壁なのか屋根なのか?といった感じですが、垂直に近くても雨にさらされる斜め部分は屋根になります

急勾配屋根の実例
急勾配屋根の実例(西面)
急勾配屋根の実例
急勾配屋根の実例(東面)

また、ロフトがある家ではその部分の天井が高くなります。
ロフトは屋根裏の空間なので、広くしようと思うと必然的に屋根が高くなり急勾配になります。

急勾配屋根の屋根足場(北面)
急勾配屋根の屋根足場(北面)
急勾配屋根の屋根足場(東面)
急勾配屋根の屋根足場(東面)

急勾配屋根の図面

上記のような急勾配屋根の図面はどのように書いてあるのでしょう。

急勾配の家では、全部の面が急勾配ではなく、一部の屋根だけが急勾配になっている事が多くなります。

12.6寸勾配・5寸勾配の図面
12.6寸勾配・5寸勾配の図面
12.5寸勾配の図面
12.5寸勾配の図面
10.76寸勾配・4寸勾配の図面
10.76寸勾配・4寸勾配の図面

屋根材により必要な勾配

それぞれの屋根材には必要な勾配(最低勾配)が決まっています。
その勾配より傾斜が緩いと雨漏りの危険がある傾斜の事です。

一般住宅の屋根で使われている屋根材とその最低勾配・一般的な家での勾配を表にまとめました。

各屋根材により屋根を留める方法や雨漏りに対する構造が違うので、それぞれの屋根材で勾配の自由度が違うのが分かります。

屋根材の種類最低勾配一般的な勾配
金属1寸以上デザインにより垂直までと自由度が高い
薄型スレート3寸以上主に5.5~6寸だが12寸等の急傾斜も可能
4寸以上主に4~5.5寸が多い(急傾斜は不可)

屋根塗装をする時に関係してくるマメ知識

勾配がきつくなると屋根面積が増える

屋根の傾斜がきつくなるとその分屋根面積が増えていきます。
屋根面積の増え方を下記の表にまとめてみると、急傾斜になると増加率が上がっていくのが分かります。

勾配角度(度)1辺の屋根の長さ
水平01.000
1寸勾配5.90061.005
2寸勾配11.30991.020
3寸勾配16.69921.044
4寸勾配21.80141.077
5寸勾配(※)26.56501.118
6寸勾配(※)30.96381.166
6寸5分勾配33.02391.193
7寸勾配34.99201.221
10寸勾配(矩勾配)45度1.414(ルート2)
12寸勾配51.34011.562

(※)5寸~6寸勾配の屋根が一般的に多い

6寸5分以上の屋根塗装では、屋根足場が必要

「一般的な屋根」の場合には、「一般的な建築職人(塗装職人)」なら普通に歩いて登り、作業が出来ます。
6寸勾配までの屋根なら特に問題無く屋根の塗装が可能です。

両手に何も持たず、ただ屋根の上を歩いて登るだけなら7寸勾配でも行けるかもしれません。
しかし、何らかの道具を持って作業を行う場合には、安全管理上の面でも6寸5分勾配からは屋根に足場が必要になります。

まとめ

屋根の勾配は、建物のデザインや室内空間(屋根裏の空間)に関わる重要な部分です。

屋根勾配の急な家は、お城のように素敵な外観になりますし、ロフトや吹き抜けのあるお家にも出来ます。

ただし、屋根を塗装する際には屋根足場が必要だったり、屋根の面積が増える事があるります。
メンテナンスの際に費用が掛かってしまうのには仕方がない部分かもしれません。


最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事では下記の点についてまとめてみました。

この記事の内容が役に立ったら嬉しいです。

高橋良一

高橋良一

外壁塗装の専門家

塗装職人の2代目・職人15年・外装会社経営15年。塗料や塗装の知識・業者選び等…正しい情報を分かりやすく発信します。このサイトの目標は「誰もが適切な診断と良い工事が出来るようになる事」

FOLLOW

関連記事