築15年以上で【まだ塗替え可能なFRP防水の劣化】の解説・実例集

4 min 52 views
築15年以上のFRP防水が塗り替えで間に合う条件

この記事は【築15年以上の木造住宅】でFRP防水のトップコート塗り替えを考えている方に向けての内容です。

バルコニーの床は雨漏りをしたら大変ですから誰もが心配になる部分です。

そしてFRP防水が「築15年を過ぎて、特に不具合が無く経年劣化だけの状態」であれば、防水を再度やり直さずに塗り替えだけで対応出来る可能性があります

とは言え、どんな状態なら「不具合が無い経年劣化」なのか?が分からなければその判断が出来ません。

そこでこの記事では築15年を過ぎたFRP防水で、トップコート塗り替えだけで済む経年劣化劣化の状態】を分かりやすく解説します。

築15年のFRP防水でトップコートの塗り替えが可能な場合の条件

築15年以上経つバルコニーFRP防水では、塗り替えが可能なうちに工事をしておく

適切な時期を過ぎても塗り替え対応で済めば、安価に雨漏りを予防できる

FRP防水の賞味期限は?

食品には「賞味期限」がありますが、期限が切れてしまったらすぐに食べられなくなるわけでは有りませんね。

防水や外壁塗装も同じですが、防水の適切な塗り替え期限が切れてしまってもすぐに雨漏りするわけではありません

実例でもそれは同じで、築15年を過ぎたバルコニーは「劣化している」というの確かに見て分かりますが、雨漏りはしていません。

ですが、この時期にきちんと「適切な工事の方法」で塗り替えをしておかないと、雨漏りの危険が増すばかりになってしまいます。

また、雨漏りしないからと言って放置しておくと、いざ塗り替えをしようかという時に「塗り替え」では無く「防水のやり直し」でしか対応が出来ない可能性が高くなります。

もしも不具合が起きていたら、雨漏りの危険が高い

雨漏り

また、この実例とは違う様子であれば「雨漏りに繋がる不具合」になっている可能性が高いです。

その際は塗り替えでは無く「防水のやり直し工事」になる可能性も有ります。

築15年以上経っている場合でFRP防水に不具合が有ると、気が付いていないだけで既に雨漏りしている可能性が有ります
違和感があったら一刻も早く対策工事を行いましょう。

塗替えがギリギリ間に合う時期の、バルコニーFRP防水の【標準的な劣化】とは?

この部分のチェックは簡単です。
下記のような状態であればFRP防水の本体にはまだ問題がないと考えてよいでしょう。

[list class=”li-chevron li-mainbdr main-c-before”]

  • 床の表面の色はかなり退色している
  • 床の表面に剥がれは特に無い
  • 床の表面に髪の毛程度の線のようなひび割れがある

[/list]
このような状態で維持が出来ていれば何とかトップコートの塗り替えが可能でしょう。
近年中に塗り替えの計画をして、必ず実行しましょう。

では実例を元に解説していきます。

FRP防水表面の退色の状態を確認する

退色の状態を確認

基本的にバルコニーは家の中で最も日当たりが良い場所にあります。
「太陽が当たる」という事は、紫外線の劣化が激しい場所にもなりますね。

FRP防水の床面にも太陽光がよく当たり、紫外線劣化が進んでいきます。
紫外線で劣化していった床面は、元々の色よりも少しずつ薄く変化していくので、この色の変化が劣化の目安になります

太陽が当たって退色している床の部分の色と、退色していない立ち上がり部分の色の差はどの程度なら問題が無いのでしょうか?

どの程度退色しているのかをチェックするには以下の場所を見比べてみましょう。

退色のチェック場所

退色のチェック場所

太陽が当たっている部分は、当たっていない部分よりも次第に色が薄くなって行きます。

バルコニーの防水面の中で太陽が良く当たる場所は主に床面です。
また、日があまり当たらない場所は主に北向きの立ち上がり面です。
その2点を比較してみましょう。

築15年以上経過した床面は全体的に白っぽくぼやけてくる

築15年以上のFRP防水の床面

床面は太陽光が良く当たる筈ですので、劣化が進みます。
15年以上度経つと、FRP防水の床面の状態は下記のように白に近いグレーになってきます。

築15年以上のFRP防水の床面の特徴

築15年以上のFRP床面の特徴

築15年以上のFRP防水の床面の特徴は、紫外線劣化が進み床面のあちこちで色ムラが感じられるようになり、汚れも多くなって来る事です。

築15年以上のFRP防水の床面の実例集

築15年以上のFRP防水の床面
築15年以上のFRP防水の床面
築15年以上のFRP防水の床面
築15年以上のFRP防水の床面
築15年以上経過したFRP床面トップコート(全景)
築15年以上経過したFRP床面トップコート(全景)

FRPトップコート表面の状態を確認する

摩耗が進み本体の下地の色見えているFRP防水

15年程度経ったからと言って、FRP防水のトップコートは適切に施工されていれば剥がれたりはしません。

しかし15年以上紫外線にさらされている事と、よく歩くところが履物擦って削られて行き、FRP防水のトップコートが摩耗して無くなっていきます。

この状態で永く放置していると、トップコートの無くなっている部分が紫外線で劣化してどんどん削れていきます。

最終的に防水層が全て堀削られて無くなってベニヤの層が出てしまえば、階下の天井に雨が漏ります。

FRP床面の摩耗と汚れ

築15年以上経過し表面が劣化したFRP防水表面

FRP防水のトップコートの表面の摩耗が進むと、ガラスマットの繊維の凸部分が削られていきます。

画像では汚れも交じっていて下地がよく見えていませんが、ブラシで洗ってみれば黒いところも下地が出ている筈です。

摩耗が進行していくと…

トップコートの摩耗が広がったFRP床面

このように徐々に摩耗して擦り減ってしまうのは使用状況によっては仕方ない事ですが、トップコートが無くなっている状態では良い筈がありません。

しかし、この程度の摩耗なら何とかトップコートの塗り替えで対応が可能です。

15年以上経っていてこのように下地ベニヤの色が濃く・良く見えて目立つようなら、早急にトップコートの塗り替えを行わなければいけません。

FRP床面の摩耗の実例

下記の事例は、築20年弱のバルコニーです。
築年数に見合った状態ですので、汚れと摩耗と退色が見られます。

築15年で摩耗したFRP防水トップコート

履物のある所と洗濯を干す時に立つ場所の両方が摩耗しています。

15年で摩耗したFRP防水トップコート

上記は洗濯物を干すのに立つ場所の摩耗です。
凸部が削れています。

摩耗したFRP防水トップコート

履物を置く場所にも摩耗が見られます。

FRP防水表面の経年劣化のヒビの状態を確認する

築15年以上経過したFRP床面には細かいヒビが入る事がある

FRPの表面は経年劣化により「ヘアークラック」と呼ばれる細かいヒビが出る場合もあります。

しかし正しく施工されていれば、塗膜がめくれて剥がれてしまうような事にはなりません。

15年程度経ったからと言って、FRP防水のトップコートは適切に施工されていればヒビ割れてきたリはしないのです。

ヘアークラックの実例①

ヘアークラック
ヘアークラック

ヘアークラックの実例②

ヘアークラック
ヘアークラック

ヘアークラックの実例③

ヘアークラック
ヘアークラック

ヘアークラックの実例④

FRP防水トップコートのヘアークラック

ヘアークラックと下地からの亀裂との違い

下地板のジョイント部から亀裂が入ると危険な理由

下地板のジョイント部分の亀裂
下地板のジョイント部分の亀裂

ヘアークラックとは違うヒビに「下地からの亀裂」があります。

FRP防水の下地はベニヤ板やケイ酸カルシウム板が多いので、畳と同じ程度の大きさの板で出来ています。

その板が下地から動いてしまうと、FRPの防水層も当然引きちぎられてしまうのです。

そうなってしまうと、表面から下地までの全てが切れている状況なので、当然雨漏りし放題になってしまいます。

下地板ジョイント部から亀裂が入っているFRP防水の実例

下地板ジョイント部からの亀裂

下地からの亀裂は斜めに入ったりせずに、ジョイント部分にだけ入ります。
表面からの亀裂では無く内側からのズレが原因のため、表面にヒビが入っていれば必ず下地にまで雨水が入ってしまいます。

FRP防水の下地

FRP防水の下地(ベニヤ)

この亀裂が入るのは下地板のジョイント部分です。
ジョイントは畳と同じ大きさで直線状に入るので、この事が分かっていれば分かります。

ヘアークラックとは亀裂の幅や深さ、そして形状が全く違いますので混同しないように注意してください。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事では下記の点についてまとめてみました。

この記事の内容が腑に落ちて早めに今の悩みが解決すると嬉しいです。

興味がありましたら、その他の【バルコニー防水】の記事も読んで頂けると有りがたいです。

てな

てな

外壁塗装の専門家

塗装職人の2代目・職人15年・外装会社経営15年。塗料や塗装の知識・業者選び等…正しい情報を分かりやすく発信します。このサイトの目標は「誰もが適切な診断と良い工事が出来るようになる事」

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事