外壁塗装の見積りを3つ取るには?5業種のメリット・デメリットを解説

見積りを取る業者の選び方

この記事では外壁塗装の見積りが頼める先を5業種に分類し、各業者の種類や特徴、メリット・デメリットを分かりやすく解説します。

外壁塗装の 見積もりを頼める業者の種類は意外とたくさんあります。
そんな中で業者を選ぶのはちょっと大変かもしれません。

 

また外壁塗装の見積もりは3社から取りましょうと言われています。

ただ、その3社もどんな種類の中から選んだらよいのかは、よく考えておくに越したことはありません。

まずは、頼める業界が5つありそれぞれにメリット・デメリットがあるという知識を得ておいてください。

次に、あなたのライフスタイルや考え方に合った業者選びのお勧めも書いておきました。

それを参考にしてもらえれば、間違った業者に見積もりを頼み、契約をしてしまうことがなくなります。

特に、訪問販売業者に頼んではいけない理由も書いておきましたので参考にしてください。

外壁塗装を依頼出来る業者の種類

外壁塗装を行うには業者を探さなければなりません。

では外壁塗装を依頼出来る業者にはどのようなところがあるのでしょう。

外壁塗装の見積り書

現在はとても沢山のお店で外壁塗装工事の依頼が出来るようになりました。

下記のような業者で外壁塗装は依頼が出来ます。
それぞれの特徴やポイントをまとめてみました。

建てた建築会社・ハウスメーカー・建築士

注文住宅

注文建築の場合や以下のハウスメーカーで建てた家なら、その後のメンテナンスもメーカーに依頼するもの
不具合や保証も含めて総合的にチェックをしてもらえるのもメリットですね。

外壁塗装も当然メーカーに相談してみましょう。

・積水ハウス・セキスイハイム・旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)・住友林業・住友不動産・ミサワホーム・ダイワハウス・パナホーム・一条工務店・トヨタホーム…etc

建てた建築会社・ハウスメーカー・建築士に外壁塗装を依頼するメリット

  • 何より自社物件なので安心
  • 保証が延長される事が多い(ハウスメーカーの場合)
  • 建物の構造、外装材の特徴などを熟知している
  • 下請けに安く工事をさせると会社のマージンを取っても安い場合がある

建てた建築会社・ハウスメーカー・建築士に外壁塗装を依頼するデメリット

  • 一般的には価格が高い(マージンが発生する)
  • 下請けの塗装業者が工事をする
  • 意外と塗装や劣化の診断など「古くなった家の塗り替え工事」に関するノウハウがが無い
  • 新築よりも価格帯が安いため、安い工事のようにずさんに取り扱われる事も…
  • 担当者が変わると対応や相性も変わってしまう
建てた建築会社・ハウスメーカーで外壁塗装を依頼するのに適した人
  • そのハウスメーカー・建築士・建築会社が今でも好きなので、今後のメンテナンスも続けて任せたい
  • 高いのも安心料として受け入れられる
  • 他に業者を探す手間を掛けたくない
建てた建築会社・ハウスメーカーで外壁塗装を依頼するのに適さない人
  • ハウスメーカー・建築士・建築会社が嫌いになった(トラブルになった)
  • 高いのが分かっているので、外壁塗装は適正価格で頼みたい
  • どうせ下請け業者が来るのなら、自分で業者を選んでも同じだし、手間も惜しくない

大手リフォームチェーン店・地元リフォーム店・ホームセンター

ホームセンター

新聞折り込みチラシやポスティングなどで見知っているリフォームチェーン店でも、外壁塗装の取り扱いはあります。
また、最近ではホームセンターでも積極的にリフォームを取り扱うようになっています。
店舗があるので、相談がてら様子を見に行っても良いでしょう。

大手リフォームチェーン店・地元リフォーム店・ホームセンターで外壁塗装を依頼するメリット

  • 店舗があり、チラシなどで知っていて地元の会社なので安心感がある
  • 気軽に見積り依頼が出来る
  • 工事後もその他のリフォームが(小さい工事も)頼める

大手リフォームチェーン店・地元リフォーム店・ホームセンターで外壁塗装を依頼するデメリット

  • 「リフォーム」と言えば内装工事なので、外壁塗装は専門外の担当者が多い(知識や経験が少ない)
  • 下請けの塗装業者が工事をする。
  • 工事の質は下請け業者の質によって当たりハズレがあり、事前に確認出来ない
  • 営業がしつこいお店もある
  • 担当者が変わると対応や相性・営業方針も変わってしまう
大手リフォームチェーン店・地元リフォーム店・ホームセンターで外壁塗装を依頼するのに適した人
  • 分譲建て売りの家なので、外壁塗装を頼む依頼先の当てが特に無い
  • 築10年経ったので、今後のメンテナンスも含めて家のメンテナンスを頼む先を見つけておきたい
  • 自分で外壁塗装の業者を探す手間を掛けるまでの情熱は持っていない
  • たまに訪問してくる営業マンの感じが悪くない
  • 下請け業者が来るのに抵抗が無い
  • ネットを見て自分で業者を選ぶ自信が無いし不安が有る
大手リフォームチェーン店・地元リフォーム店・ホームセンターで外壁塗装を依頼するのに適さない人
  • 近くにお店が無い
  • いつも入っているチラシが気に入らない
  • たまに訪問してくる営業マンが気に入らない
  • 下請け業者が来るのなら自分で業者を選んで見極められる自信がある

ホームページの外壁塗装専門店

ホームページで外壁塗装を受注する専門店も多くなって来ました。
彼らは元々は上記の住宅メーカーやリフォーム店からの下請け業者時代の苦い経験から、自社で集客して直接工事を行うようにシフトした業者です。

ホームページの外壁塗装専門店で外壁塗装を依頼するメリット

  • マージンが必要ないので工事費は安い
  • 下請けを使わないので会社や職人の顔が見えて安心
  • 専門業者なので、工事に関する専門性が高い
  • 地元密着
  • 担当者が変わらない

ホームページの外壁塗装専門店で外壁塗装を依頼するデメリット

  • どの業者に依頼したら良いのか分かり辛い
  • ホームページだけの会社で実態があるのか不安
  • 職人の会社なので、ちょっとヤンキーっぽい会社が多い(そんな職人が好きな場合は別ですが)
  • 他の工事を一緒に頼めない
  • こだわりが強い会社(社長)だと、下請けに安く出す大手企業よりも工事費が高くなる場合がある
ホームページの外壁塗装専門店で外壁塗装を依頼するのに適した人
  • 大手だと下請け業者が来るので嫌だ
  • こだわりのある外壁塗装の専門店に頼みたい
  • 自分で業者を選ぶのが好きでネットで依頼や買い物をするのに抵抗が無い
  • 自分で業者を選ぶ自信が有る
ホームページの外壁塗装専門店で外壁塗装を依頼するのに適さない人
  • とにかく安い業者に頼みたい
  • 色々な会社を調べて吟味するのが面倒
  • 下請け業者が来ても特に気にしない
  • 自分で業者を選ぶ自信が無い

一括見積りサイト

インターネットの仲介業

 

直接工事を頼める外壁塗装専門店に頼みたいけれど「どの業者に依頼したら良いのか分かり辛い」と言うのがあります。
そんな時に活用できるのが【外壁塗装の一括見積りサイト】です。

一括見積りサイトは、いわば業者の仲介業、アマゾンや楽天のようなものです。

サイトの運営者はボランティアで紹介する訳では無く営利団体ですから、紹介された業者からマージンを取ります。
紹介するとマージンが発生するタイプと、解約が取れたらマージンが発生するタイプ、その両方のパターンがあります。

一括見積りサイトで外壁塗装を依頼するメリット

  • 簡単に複数の業者を比較できる
  • サイト内で複数の業者を紹介する事になっているため、相見積もりで申し訳ないとお思わずに済む
  • 外壁塗装の相場が分かる
  • サイト内で競わなければならないので、見積り価格を安く設定する業者が多い

一括見積りサイトで外壁塗装を依頼するデメリット

  • 外壁塗装業者から何社も一斉に連絡が来る(紹介するのがサイト運営者の利益になるので)
  • 個人情報を転売される可能性がある(悪い運営者の場合)
  • 見積りが丁寧では無い(5分~15分で終わる)
  • 勧誘がしつこい
  • 他の工事は一緒に頼めない
  • 工事費を安く抑えるために下請けに出す場合がある
一括見積りサイトで外壁塗装を依頼するのに適した人
  • とにかく安い業者に頼みたい
  • 外壁塗装はどこに頼んでも同じだと思う
  • 自分で業者を選ぶのが面倒
  • 下請け業者が来ても気にしない
一括見積りサイトで外壁塗装を依頼するのに適さない人
  • 何社も何社も見積りにやって来るのは時間も取られるし勘弁してほしい
  • 必ずしも安さだけを求めている訳では無い
  • 丁寧な対応やしっかりした説明をして欲しい
  • 自分で業者を選ぶ方が良い

その他の依頼先

以上、大雑把に挙げてみましたが、他にもデパートや電鉄会社、新聞販売店でも取次ぎをしているようです。
(ただし、結局下請け業者に流すだけですが…)

訪問販売に頼んだらどうなる?

訪問販売

まずハッキリとお伝えしておきますが何があっても、訪問販売の業者に頼むのはお勧めしません
訪問業者に関わるトラブルは後を絶たず、業者の手口も法律をかいくぐるように巧妙になってきています。

また、悪質な業者ほど「良い人を演じるのが上手い」ので「人柄が良い・親切そう」といった部分での評価で契約を判断すると騙されてしまいます

とは言え「人柄が良い・親切そう」な業者が悪い訳では無いので、その手前のそもそもの部分
つまり…呼んでも無いのに訪問してくる業者は全て怪しいと思ってブロックするのが良いのです。

なぜ訪問販売業者は全部ダメなの?

なぜ訪問販売業者は全部ダメなのかは簡単です。

きちんとした仕事をしている会社は忙しいので、訪問販売をする必要が無いからです。

つまり、ちゃんとした仕事をしていない会社だけが訪問販売を行っているのです。

行政が注意喚起している情報

国や都道府県単位でも、少し調べるだけで訪問販売関連の注意喚起情報が得られます。
例えば、消費者庁のホームページ内の特定商取引法のページには下記の記載があり

特定商取引法では、事業者の不適正な勧誘・取引を取り締まるための「行為規制」やトラブル防止・解決のための「民事ルール」(クーリング・オフ等)を定めています。

特定商取引法の条文、逐条解説(特定商取引に関する法律の解説)やこれまでの改正経緯等については、「特定商取引法ガイド」をご覧下さい。

上記文中の特定商取引法ガイドのページには、訪問販売業者への行政処分情報が沢山掲載されています。

また、東京都の実例では「東京くらしWEB」というサイトでも「悪質事業者通報サイト」というページで下記のような事例も公表されています

今回の記事で、外壁塗装を頼める業者の例も挙げましたので、わざわざトラブルだらけの訪問業者に依頼する事はありません。

正しい訪問業者の手順

弁護士による企業法務の情報メディアBizuben!には「リフォーム詐欺!」といわれないため、訪問販売の5つの注意という記事があります。

その内容を引用すると以下のような、正しくリフォーム訪問販売をする時注意点について記載があります。

  • 自社の名刺、名称、ホームページなど所属会社の情報
  • どこまでの業務が無料であるか
  • 他社との性能の差
  • 他社と比較した場合の料金
  • その場ですぐに契約しなくてもよいこと
  • クーリングオフ制度

このように堂々と「訪問販売に来ました」と営業に来られて外壁塗装をする人はいないでしょう(苦笑)

ですからインチキで悪質な法律に反した方法で訪問営業をする事になるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか

この記事では外壁塗装の業者を選ぶ方法について以下のポイントを踏まえてお伝えしました。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

この記事が役に立って、自分に合う業者が選べるようになれたら嬉しいです。