一斗缶とは?【規格・容量・デザイン・塗装用具としての利用法】

4 min 818 views
一斗缶

一斗缶とは

塗料の入っている缶は主に一斗缶(いっとかん)です。

一斗缶は一般的には「石油缶」とも呼びますが、正式名称は「18リットル缶」と言います。

今回は私たち塗装業者が一番身近でお世話になっている「一斗缶」についてお伝えします。

一斗缶のJIS規格

  • 天板、地板:一辺の長さが238.0±2.0mm
  • 高さ:349.0±2.0mm
  • 質量は1140±60g
  • 容量は19.25±0.45リットル

天板の形状

また、入れるもの・利用方法の性質や利便性から、天板の形状には規定が無く、下記のような使い分けが出来るようになっています。

  • 全面開いていて外側全体を開けられる缶蓋(缶キャップ)で閉めるタイプ
  • 開閉できる蓋つきタイプ(蓋は大・中・小あり)

一斗の単位(容量)

斗(と)とは、尺貫法における体積(容積)の単位です。

1斗=約18.039リットルで、十升が一斗になります。

ちなみに十斗は一石(いっこく)となるので、「加賀百万石」は「加賀一千万斗」という事になります。

一斗缶をTVで見る機会

塗料容器以外ので一般の方が目にするとしたら、コントやプロレスで頭を殴る小道具としてTVで見た事があるのかもしれません。

しかし個人的に商売道具として身近な一斗缶ですが、空缶とは言え(ふざけてでも)頭に当た事が無いので、実際にはどれくらい痛いのか?危ないのか分かりません・・・。

Wikipediaの一斗缶のページでは「大きな音が出る割りには簡単にへこむなど強度が低く、安全性が高いためにコント等の小道具として使われている」と記載がありますが、「安全性が高い」とは表現に誤解を生む気がします。

全く根拠はありませんが、TVの小道具は私たちが普段使っている塗料缶の空缶とが違い、薄っぺらいコント専用ものがあるのかもしれません。

塗料容器としての一斗缶

外壁塗装で使うような塗料は、おおむね一斗缶に入っています。

ただ、一般の塗料メーカー以外の塗装材量メーカーだと「ペール缶」という丸型の塩ビ容器に入っている事が多くなります。

ペール缶に入っている塗材(画像はAmazonへのリンク)

ジョリパット

ガイナ

ガッチリ浸透プライマー

塗料の容量

最近は一斗缶だとは言え、容量は18Kgのものは少なく、16リットル(体積表記)のものなど内容量は様々です。

昔(昭和の頃)の塗料は一斗缶に18Kg又・20㎏入りが多かったような記憶があります。

一斗缶+小缶でセットになる塗料

また、2液型塗料の場合、13.5Kg1.5Kgのセットとなっている場合もあります。

この場合、一斗缶に13.5Kgだけ入っていて、1.5㎏入りの硬化剤が別の缶となります。

2缶でセットの塗料の場合、なぜこのような半端な量になっているのかというと…
主剤の一斗缶に硬化剤を全部入れて混ぜ、薄め液(シンナーや水)を適宜入れると満杯にならない丁度良い分量になるからです。

クリーンマイルドウレタン一斗缶・硬化剤セット
クリーンマイルドウレタン一斗缶・硬化剤セット

クリーンマイルドウレタンなどは、上部にある平たい缶が硬化剤(1.5Kg)主材は13.5Kg。

マイルドシーラーEPO(一斗缶・硬化剤セット)
マイルドシーラーEPO(一斗缶・硬化剤セット)

マイルドシーラーEPOの上部の缶が大きいのは、硬化剤の容量が3.5Kgで一斗缶の中身が10.5Kgだから。

一斗缶のパッケージデザイン

一斗缶
一斗缶
紙のラベル

一斗缶で一番簡素なデザインは、紙のラベルが貼ってあるだけのものです。
今でも単価の安いシンナー系では紙のラベルの物もあります。

一部印刷のデザイン

何となく「プロ仕様」のような気がする簡素なデザインです。
一部印刷されていて、紙のラベルが貼ってあります。

全面印刷のデザイン

最近の塗料はほとんどがこのような全面印刷のデザインです。
一般家庭の外壁塗装で使われる塗料に多いのは、塗料メーカーのお客様が施工店ではなく施主なのだという意識のあらわれでしょう。

塗料の価格によって外側のパッケージ印刷が高級になって行くようで、最近は黒や紺地に金文字の一斗缶が多くなっているように感じます。

塗料缶の再利用法

外壁塗装では一斗缶を塗料の容器として再利用します。缶の上部を切って持ち手を作り、塗料を入れて使います。

基本的に塗料は一度乾いてしまえば再利用したときに溶け出すことは無いので、何度かは再利用が可能です。

しかし、使用済みの汚れた一斗缶を再利用するのは見栄えが悪いし、新しい一斗缶は次々に出て来るので基本的に容器として再利用するのは1回だけです。

再利用する一斗缶の作り方

油性塗料で使うシンナーの入っていた一斗缶は、使い終わったら綺麗な空缶になります。

また、水性塗料の一斗缶は使いきった後ですぐ水で洗えば新品同様に出来ます。

現場の職人たちは一斗缶の中身が空になる時には、次に再利用出来るかどうかを常に考えてストックしておくのです。

一斗缶の再利用ギャラリー

再利用の方法は、主に一斗缶の上部をカワスキで切り、持ち手を加工して作ります。

持ち手はそれぞれの職人の好みにより何種類もありますので、施工事例からご紹介します。

上蓋の角を三角に加工して持つタイプ

三角の持ち手
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶で屋根を塗る職人
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶で屋根を塗る職人
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶で屋根を塗る職人
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶で屋根を塗る職人
天辺を三角に切った持ち手の一斗缶

上蓋の角を三角に加工して持つタイプ

天辺をくり抜いて持ち手にした一斗缶で屋根を塗装している職人
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする
天辺をくり抜いて持ち手にする

一斗缶の横をくり抜いて持つタイプ

一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ
一斗缶の横に穴を開けて持つ

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事では下記の点についてまとめてみました。

興味がありましたら、他の【外壁塗装用語】の記事も読んで頂けると有りがたいです。

高橋良一

高橋良一

外壁塗装の専門家

塗装職人の2代目・職人15年・外装会社経営15年。塗料や塗装の知識・業者選び等…正しい情報を分かりやすく発信します。このサイトの目標は「誰もが適切な診断と良い工事が出来るようになる事」

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事