足場工事の架設と仮説の違いとは?

2 min 73 views
足場工事の架設と仮説の違いとは?

外壁塗装工事では足場を組みます。
足場は高所作業をするために必要な設備です。

足場工事の用語には、下記の2種類の「かせつ」があり、同じ読み方なので混同しやすくなっています。

  • 架設
  • 仮説

この2つの言葉はどちらも足場工事に関するものです。

この記事ではmこの2つの「かせつ」について、それぞれどんな用語なのか?を説をします。

「架設」とは足場を組む「工事」のこと

足場を組む工事のことを、架設(かせつ)工事と言います。

「架設」の意味は、橋や電線などを一方から一方へかけ渡すことです。

架設の「架」の意味

架設の「」とは「2点の間に橋渡しをする」という意味です。

【虹が架かる】や【鉄橋に橋が架かる】また、【明日に架ける橋】といった歌もあります。

足場の場合で言うと柱と柱の間に足場を渡す(架ける)ことを指し、足場は「掛ける」ではなく「架けるとなるのです。

架設の「説」の意味

架設の「」の方は【もうける・そなえつける・作る】という意味です。
建設の「設」ですね。

ですから、仮に設置する足場のことを、仮設足場とも言います。
外壁塗装では「仮」とは言え、塗装をする時には無くてはならない大切なものです。

「仮設」とは仮に設置する「足場」のこと

建設用の足場は工事が終わったら解体・撤去します。

仮設の意味は、工事等の用途で仮に設置する足場のことです。

仮設に対して本設もある?

足場は仮に建てるので「仮設」ですが、ずっと建てておく場合の建物本体のことは「本設」と呼びます

新築・改修・外壁塗装工事の足場は、常設足場では無いので「仮説足場」です。

脚立やハシゴ足場の架設

脚立やハシゴのことを単体で「足場」とは呼びませんが、脚立やハシゴに板を架け渡して設置すると「足場」を作る事になります。

二点間を板やパイプで渡して橋状にしている形が、架設=足場的な用途になるわけです。

まとめ:仮設足場」は「架設」する

【架設足場】と表記してしまいがちですが、仮説足場の架設(足場を架けて設置する)が正しい用語で「架設足場」という言葉は間違いになります。

最後にまとめです。

  • 足場を架けること:足場の架設
  • 一時的に架ける足場のこと:仮設足場

となると、仮設にも架設にも「設置する」という意味が含まれてダブっているので・・・

  • 仮設足場を架設する

とういう表現は日本語的にグレーな言い回しになのかもしれません。

日本語的に正しいのは・・・

  • 足場の仮設
  • 仮設足場
  • 足場を架設する

になります。

高橋良一

高橋良一

外壁塗装の専門家

塗装職人の2代目・職人15年・外装会社経営15年。塗料や塗装の知識・業者選び等…正しい情報を分かりやすく発信します。このサイトの目標は「誰もが適切な診断と良い工事が出来るようになる事」

FOLLOW

関連記事