艶消し塗料のメリット・デメリット【艶と寿命】を解決する方法

艶消し塗料のメリット・デメリット

見積りの壁の塗料でつや消しにはできますか?
テカリのある光沢仕上げはあまり好きではないのですが、いかがでしょうか?

外壁塗装をする時に、にこのような疑問や要望がある方も多いものです。

確かに「テカテカ・ピカピカ」した感じが好ましくないのはよく分かります。

そこでこの記事では、そんな「外壁の艶と寿命の問題」について解説をしてみます。

外壁塗料を艶消しに出来ますか?

多くの外壁塗装用の塗料には艶の選択肢が幾つかあります。

ですから「塗料の艶を落として塗りたい」という要望には応える事が出来ます

ただし、どの塗料も100%艶が無い全艶消しに出来る訳では無い事と、艶を落とすと性能が落ちる事に注意が必要です。

塗料の基本は艶有り

 

外壁塗装をする時の塗料の基本的な選択肢には「艶の有る・無し」というのはあまり考慮されません。

それはなぜかと言うと、塗料は基本的に艶有りだからです。

艶を落とすにはデメリットがある

艶を落とす場合は寿命が短くなるというデメリットが有ります。

寿命が短くなる理由は何ですか?

艶消し添加剤を入れる事で、艶有り塗料として完成していたものに余計な異物を入れている事になるからです。

艶を落とすとなると、塗料の中身に艶消し添加剤を10%~15%も入れなければなりません。

これは、美観を優先するために、塗料の性質を変える異物を入れるという事です。

その塗料は間違いなく「艶有り」の状態で100%の機能が発揮出来るように作られています。それを「わざわざ」入れない方が良い成分を入れるのですから、本来発揮したい筈の性能が出せません…

性能が100%発揮出来ない、というのは端的に言って【寿命が短くなる】という事です。

その【艶を落とす事】と【寿命が短くなる事】は、下記の3つの問題を考える必要があります。

  • 艶と寿命の二択
  • 性能が落ちる割合
  • 艶を落とす割合

ピカピカ感を無くすか・寿命を減らすか?

ピカピカ感が好ましく無いのは良く言われます。
ここは寿命を取るか・見た目を取るかのどちらか?ですね。

ちなみに個人的な体感ですが現在の都内の新築分譲住宅でモルタルだった場合、100%艶消し塗装で外壁が出来ています。
(艶消し外壁=ジョリパット/ベルアート/リシン吹き付け等の艶消し外装材を使った仕上げのこと)

また、上記にサイディング外壁は除きますが、ほとんどのサイディング外壁は工場塗装の時点で半艶仕上げの塗装で出荷されています。
つまり、新築でピカピカの艶有り外壁にする場合は、モルタル外壁で艶有り塗装仕上げを選ぶ必要があり、それはかなりレアケースになります。

性能が落ちるのはどのくらい?

外壁塗装の見積りでは幾つかの塗料ランクから料金との兼ね合いも含めてプランを決めます。

そうしてせっかく決めた塗料なのに、何も知らずに気軽に艶を落としてしまえば最初に悩んで決めた事が無駄になってしまいます。

どのくらい性能や寿命が落ちるか?と言うと…MAXの全艶消しにした場合、30%程度性能が落ちるでしょう。

これは、添加剤の分量が塗料全体の15%になると思われるからです。

つまり、15Kgの容量だった場合、そのうちの2.2Kgがそもそもは入っていない筈の添加剤になるのです。

よく、手抜きの手口で「水増しをする」と言いますが、添加剤は塗料の成分としては何ら意味が無いものです。
つまり油性でも水性でも「水増し」している事になります。

艶をちょっとだけ落とす?

では「ちょっとだけ艶を落とす」という案はどうでしょう?

外壁塗装で「ピカピカさせたくない」という時に、ちょっとだけ艶を落とすために7分艶にするのは意味がありません。
なぜなら、実際に7分艶で塗るとほとんど艶有りに見えるからです。

「ピカピカ感が無いように塗れたね!」と言えるのは、最低でも5分艶までは落とさないとダメです。

「艶と寿命」問題を解決する方法

ポイントは以下の4つです

  • 艶が落ち着くのを待つ
  • 色を白くする
  • 塗料のグレードを上げる
  • 次回の外壁塗装の予定時期を見直す
たったの4つを抑えたらOKです。
簡単なので、順番にみていきましょう。

艶はずっとは続かない

そして、ピカピカ感(艶)は自然と落ちていくものですから、逆にずっとは続きません。

また、どのくらいで艶が落ちていくのか?については、3年程度でテカテカ感は無くなって、艶は有っても程よい感じになると思います。
ずっと艶が有る方が良いのですが…

艶以外のピカピカ感を増す要素

また、同じ塗料を塗っても日差しの当たり方や壁の凹凸模様の違いによって、テカテカの見え方も変わってきます。
さらに、塗る色によっても見え方が変わります。

概ね白っぽい色を塗った方が、艶の反射による「キラキラ」が目立ちません。
濃い色は、反射の光との差が良く目立つようになります。

塗料の基本性能を上げる

性能=寿命が30%落ちるという事は、10年後に塗る目標の塗料では7年しか持たなくなってしまいます。

ですから、もしも艶調整をしてピカピカしない外壁で塗りたい場合は、次回の塗り替え目標年数の1.3倍の塗料を選べばよいのです。

当然ですが、その分の費用が余計に掛る…という事がありますが…。

外壁塗装の寿命を見直す

外壁塗装の時期を13年~15年程度で考えている場合は、その期間を根本的に見直すのも手です。

10年~12年程度に短くする事で、寿命の低下に対する対応が可能になります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事では下記の点についてまとめてみました。

この記事の内容が腑に落ちて早めに今の悩みが解決すると嬉しいです。