ケイカル破風板を艶有り塗料で塗るべき理由

ケイカル破風板を艶有り塗料で塗る理由

破風板や幕板・帯板等のケイカル材で出来ている部分は、新築時に艶消し塗料で塗ってある事がほとんどです。

私は個人的にその部分の塗装は艶有り塗料で塗るべきだと思っているので、この記事ではその件について解説したいと思います。

ケイカル(ケイ酸カルシウム板)の破風板は艶有り塗料で塗るべき

破風板の塗装

ケイカルの破風板を艶有り塗料で塗るべき理由は?

戸建て住宅の外部塗装面で一番劣化が激しいのが破風板だからです

さらに、ケイカル材は本来外部に使用するべきでは無いのに代替品が無いためにやむなく使われている材料です。
本来、ケイカルは外部用の建材では無いのです。

ケイカル破風板に塗るべき塗料

ですから破風板には一番劣化しにくい素材の使用と塗料・塗装方法が行われるべきです。
塗料に関しては、【弱溶剤系・2液型シリコン】又は【弱溶剤系・2液型フッ素】を塗るべきです。

そして当然、純正の【艶有り】塗料です。

新築の破風板は艶消し塗料で塗ってある

破風板のチョーキング

なぜこのような記事を書いているのかというと、現在の新築では破風板に劣化しやすい【艶消し塗料】が塗っているからです。

ですからどの家でも外壁の塗り替えをする時の破風板はチョーキングが酷いのです。

実際に上記画像のように、本物のチョークを触った時よりも手に塗料の粉が付いてきます。

新築の破風板を艶消しで塗る理由

なぜ新築物件で破風板や帯板を艶消し塗料で塗るのかと言うと「見栄えが良いから」としか考えられません。

確かに、見栄えだけを考えると破風板は艶消しの方が品が有って高級感があるように見えるのです。

新築から劣化した破風板

建て売りの場合は、最初の見栄えは重要です。

注文住宅でもハウスメーカーの建物でもそこは同じなのでしょう。

どの建物でも、新築のケイカル破風板は艶消し塗料で塗ってあります。

ケイカル破風板は、見栄えも重要だが劣化抑制も超重要

ケイカル破風板の劣化いくらケイカルが材木のように腐食しにくいからと言っても、塗装のグレードを落としてしまっては意味が有りません。
ケイカル表面の塗装が劣化してしまい、防水性が損なわれてしまうと、ケイカルはウエハースのように侵食されてしまいます。

ですから破風板には一番劣化しにくい素材の使用と塗料・塗装方法が行われるべきなのです。

木製破風板の場合は?

木製破風板の劣化材木を破風板に使ってある住宅はまだまだ沢山残っています。

そして、材木の破風板に艶消し塗料を塗るような変な事をしている家は見た事が有りません。
当然ですが、艶有り塗料が塗られています。

確かに材木の劣化(腐食)と比較すれば、ケイカルの劣化(侵食)は「長持ち」なのだとは言えます。
しかし、それは表面のコーティング=塗装で守られている場合です。

経年劣化したケイカル破風板を塗装する場合

板金を巻いた破風板

新築時の破風板の素材をケイカル以外で造るように指定する事や、塗装を艶有りに指定する事は基本的に困難です。

ただ、外壁塗装をする時には自分で自由に選ぶ事が出来ます。

この記事を読んで下さって「なるほど…」と思って下されば、ケイカル破風板には艶有り塗料を塗るようにして下さい

経年劣化したケイカル破風板を改修する場合

破風板が劣化し過ぎていたり、汚れ過ぎていたり、破風板の塗装が剥がれてしまっていたりする事もあります。

そのような時には、ケイカルの上に板金を巻いてしまうのがベストな施工方法かもしれません。

ガルバリウム鋼板の艶消し塗装品を使えば、耐候性も良く見栄えも良くする事が来ます。

まとめ

現状でケイカルの破風板に劣化や剥がれが無ければ、塗り替え時には艶有り塗料を塗装するのがお勧めです。

今回の記事の内容をまとめると以下のようになります。

  • 築15年程度で、モルタル以外の破風板はおおむねケイカル板製が多い
  • 新築時のケイカル板の塗装は、ほぼ艶消し仕上げになっている
  • 築10年以上のケイカル破風板の劣化は、著しくチョーキングしている
  • ケイカル板に雨水を染み込ませると劣化の原因になる
  • 外壁塗装の時に、今度は艶有り塗装をするべき
  • 劣化が激しい場合は艶消しの板金板を張る工事もお勧め

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事の内容が腑に落ちて早めに今の悩みが解決すると嬉しいです。

興味がありましたら、他の関連記事も読んで頂けると有りがたいです。