2014年遮熱塗料実証実験【トーナメントの結果】

3 min 175 views
2014年 遮熱塗料温度測定実験

遮熱塗料の効果を正しく検証するために、2009年から毎年遮熱塗料の実証実験を行っています。

これまでの遮熱塗料実験はこちらから【2009年2010年2011年2012年

4年目の今年2014年は、エスケー化研・日本ペイント・水谷ペイント・日本特殊塗料の4社から提供して頂いた17種類の塗料を使い実験を行いました。

この実験の概要はこちらから↓

17種類一気に試験する事が出来ないのでトーナメント方式を採用。
これまでに各メーカーごとに1番遮熱効果の高い塗料を調べる「予選」を行っています。

今回は決勝戦という事で、各メーカーごとの比較の中で遮熱効果の成績のよかったものを1~2種類選んで比較します。

どんな結果が出るか?楽しみです。

実験を行った塗料

エスケー化研で実験を行った塗料は以下の6種類です。

塗料メーカー塗料名
エスケー化研② クールタイトSi
(下地:マイルドシーラーEPOクリア)
②クールタイトSiの
予選詳細
日本ペイント⑦ サーモアイUV
(下地:サーモアイシーラー)
⑦サーモアイUVの
予選詳細
水谷ペイント⑩ 快適サーモU
(下地:マイルド浸透シーラー)
⑩快適サーモUの
予選詳細
水谷ペイント⑪ 快適サーモU
(下地:快適サーモマイルドシーラー)
⑪快適サーモUの
予選詳細
日本特殊塗料⑮ パラサーモ
(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)
⑮パラサーモの
予選詳細
日本特殊塗料⑯ パラサーモシリコン
(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)
⑯パラサーモシリコンの
予選詳細

水谷ペイントと日本特殊塗料の1位と2位の順位が僅差だったため、この2社は2位までの塗料をエントリーとしています。

クールタイトSi RC-121セピアブラウン-160
クールタイトSi
ニッペ サーモアイUV クールディープグレー
サーモアイUV
水谷ペイント 快適サーモU
快適サーモU
水谷ペイント 快適サーモsi
快適サーモU

日本特殊塗料パラサーモ
パラサーモ
日本特殊塗料パラサーモシリコン
パラサーモシリコン

実験の結果・全データ

最高気温(℃)40.0℃  最低気温(℃)19.0℃  塗り板の最高温度(℃)47.0℃

2014年8月21日11時00分~8月28日11時00分までの計測データです。

2014年 遮熱塗料実証実験 最終結果表
2014年 遮熱塗料実証実験 最終結果表

2014/8/21 午後1時のデータ

特に高温になっている赤丸の部分を拡大してみます。

2014年 日本特殊塗料の実験結果 詳細
2014年 日本特殊塗料の実験結果 詳細

 ②クールタイトSi
(下地:マイルドシーラーEPOクリア)
 ⑦サーモアイUV
(下地:サーモアイシーラー)
 ⑩快適サーモU
(下地:快適サーモマイルドシーラー)

 ⑪快適サーモU
(下地:快適サーモマイルドシーラー)
 ⑮パラサーモ
(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)
 ⑯パラサーモシリコン
(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)
  気温

効果の大きかった遮熱塗料を集めたため、温度差の開きはそれほど大きく出ません。
1℃くらいの差になっています。

遮熱塗料実験(2014/8/21 午後1時のデータ)温度
②クールタイトSi(下地:マイルドシーラーEPOクリア)45.5℃
⑦サーモアイUV(下地:サーモアイシーラー)46.0℃
⑩快適サーモU(下地:快適サーモマイルドシーラー)45.0℃
⑪快適サーモU(下地:快適サーモマイルドシーラー)45.0
⑮パラサーモ(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)45.5℃
⑯パラサーモシリコン(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)45.5℃
※気温40.0℃

2014年:遮熱塗料実証実験 総合順位

比較の方法として、7日間24時間の全167回のデータの平均温度を出して調べます。
その結果から、総合的に決定した順位は以下のようになりました。

2014年の遮熱塗料効果実験の結果、総合1位の塗料は…
⑩水谷ペイント 快適サーモU(マイルド浸透シーラー)】でした!

2014年遮熱塗料効果測定トーナメント決勝(2014年8月21日~8月28日まで計測)
順位塗料平均温度
1位⑩快適サーモU(下地:マイルド浸透シーラー)27.2℃
2位②クールタイトSi(下地:マイルドシーラーEPOクリア)27.5℃
3位⑦サーモアイUV(下地:サーモアイシーラー)
⑪快適サーモU(下地:快適サーモマイルドシーラー)
27.7℃
5位⑯パラサーモシリコン(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)27.9℃
6位⑮パラサーモ(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)28.2℃

日本特殊塗料の遮熱塗料トーナメントの結果表

2014年 遮熱塗料実験トーナメント結果【決勝】
2014年 遮熱塗料実験トーナメント結果【決勝】

注意事項

実験に使用した塗料は当時販売していたものです。
閲覧して頂いている時点で廃版となっている塗料もありますので、その旨ご了承ください。

2014年遮熱塗料実証実験 まとめ

最終結果でも1位と6位の差は1℃と僅差でした。

遮熱塗料を選ぶ際には、この決勝に残った塗料(下塗りとの組み合わせ)を参考にして頂ければと思います。

また、実際に屋根塗装を行う時の塗料選びでは今回の1位~6位の順位にこだわる必要はありません。

それよりも、各工事業者ごとに取り扱いの多いメーカー(いつも使っている塗料)を優先した方が良いでしょう。

例えば、依頼する業者が使った事の無い【快適サーモU(下地:マイルド浸透シーラー)】よりも、いつも使っているなら【パラサーモ(下地:エポラ塗替遮熱プライマー)】の方を選ぶのが良いという事です。

塗料にも「クセ」がありますので、1℃の差なら使い慣れた塗料の方が安心です。

2014年遮熱塗料実証実験 各データの詳細

その他の年の実験結果

2009年の遮熱塗料実証実験の結果

2010年の遮熱塗料実証実験の結果

2011年の遮熱塗料実証実験の結果

2012年の遮熱塗料実証実験の結果

2014年の遮熱塗料実証実験の結果

高橋良一

高橋良一

外壁塗装の専門家

塗装職人の2代目・職人15年・外装会社経営15年。塗料や塗装の知識・業者選び等…正しい情報を分かりやすく発信します。このサイトの目標は「誰もが適切な診断と良い工事が出来るようになる事」

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事