FRP防水のバルコニーとは?|メリット・デメリットも解説

3 min 165 views
FRP防水のバルコニーとは?|メリット・デメリットも解説

この記事では【木造住宅のバルコニーで使われるFRP防水について】解説します。

FRP防水は現在の木造住宅のバルコニーの防水層を作る上で無くてはならない存在です。

もしもFRP防水が無ければ日本の住宅は雨漏りだらけになってしまうか、アルミベランダばかりになってしまったでしょう。

FRP防水の概要

RP防水トップコート塗装 完成

FRP防水とは、繊維状にしたガラスを樹脂で固めたプラスチックで【繊維強化プラスチック】の略称です。

強度・耐水性・成型性に優れ、ボートやサーフボード、洗面台・浴槽などに使われています。

特に現在では木造住宅のバルコニーの床はFRP防水が断然主流になっています。

FRP防水トップコート塗装 完成

バルコニーのFRP防水について、もっと詳しく知りたい場合は下記の記事た役立ちます。

FRP防水のメリット①

FRP防水の単価は高めですが、バルコニー程度の大きさなら上記のメリットを考えるとコストパフォーマンスの良い材料と言えます。

FRP防水のメリット
  • 防水性が高い
  • 寿命が長い
  • 継ぎ目が無い防水面を作れる
  • 軽い

寿命が長いとは言え、いつ頃メンテナンスが必要かな?という場合は下記の記事た役立ちます。

FRP防水のメリット②

FRP防水にする事で、下記の副次的なメリットも得られます。
一般の方にとっては、防水性能面よりもこちらのメリットの方が体感的に嬉しいのではないでしょうか。

FRP防水のメリット
  • プライバシーの保護
  • 建物外観との一体感
  • ルーフバルコニーが作れる

プライバシーの保護

腰壁で外部からの視線を遮ることが出来るので、プライバシーの保護が確保されます。

建物外観との一体感

バルコニーの外壁を外壁と同じ素材に出来る…外観を御洒落にスッキリとしたデザインに出来ます。

FRPバルコニーのメリットは建物との一体感があるところ

ルーフバルコニーが作れる

FRPの防水性・丈夫さ・軽さ等のメリットにより、バルコニーの真下を居室にする「ルーフバルコニー」が作れるようになりました。

木造住宅で屋上仕様が出来るのもFRP防水ならでは、になります。

FRP防水のルーフバルコニー

FRP防水のデメリット

FRP防水にもデメリットはあります。

FRP防水のデメリット
  • 雨漏り
  • 工事の失敗
  • メンテナンスの知識が普及していない

雨漏り

住宅のバルコニー用防水材として仕様が完成したのは、意外と最近で【2013年以降】です。

それ以前の建物で使われている場合、特に四角い排水口の場合は雨漏りする場合があります。

四角い排水ドレン

工事の失敗

現在では国交省の仕様を守れば他の防水工法よりも安全で確実な防水が出来る工法です。
(今でも施工に慣れない業者が関わると【失敗工事】になる事もあります)

サッシの下部廻りや防水の立ち上がり部分からも雨漏り

メンテナンスの知識が普及していない

FRP防水の床が本格的に木造住宅で採用され始めたのは2013年からです。
まだ約20年弱しか経っていない事と、FRP防水の寿命が比較的長い事から、最近になってようやく改修工事が頻繁に行われるようになってきました。

「最近になってようやく」という事は、まだまだ不慣れな業者や職人が多く、当然営業マンや現場監督は良く分かっていない場合も多いのです。

つまり、通常メンテナンスの再塗装や、失敗工事の修理なども含めた工事のノウハウが全然広まっていないので工事を依頼する時には発注側でも十分注意する必要が有る分野なのです。

バルコニーのFRP防水は不具合が起きた時の修理が出来ない業者が多いのがデメリットです

FRPの歴史

FRPは1960年代に船舶の用途で普及し始めます。

強度・耐水性・成型性に優れているため自動車のバンパー・スキー板やサーフボードなどで使われ始めました。

そもそもは防水材として出来た素材では無かったのです。

住宅で使われるFRP

住宅建材としてはバスタブや洗面台・トイレなどの水回りに多く使用されています。

防水材としては1973年頃に開発され、75年に商品化されましたが、他の防水材と比較するとコストが掛かるため以前はあまり使われていませんでした。

しかし、木造住宅のバルコニーが防水仕様になるにつれ、その需要が増していきます。
おおむね2000年頃からバルコニーの防水材として使われるようなりますが、使われ始めた当初はFRP防水の資材が完備されていませんでした。

木造住宅用バルコニーFRP防水の普及

完成された防水仕様として確立したのは2013年頃です。

は2013年に国土交通省編纂の「公共建築木造工事標準仕様書・平成25年版」に掲載
されることになり、FRP防水にとって大きなエポックとなった。従来この仕様には防水工事の章はなかっ
たが「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」(2010年公布)等を背景に、10章“防
水工事”として新たに記載された。内容で特筆されるのは、FRP防水技能士の施工義務化となにかと問
題のあった“サッシや水切り等の後付け”の条件化である。

FRP防水工法発展の歴史より引用

その時期以前のFRP防水は、材料が満足でない部分で既存の資材を流用するしか無く、技術者(職人)の技術的にも不慣れな部分があり2015年頃からそれ以前のバルコニーで雨漏りする事例が出始めます。

2013年以降は使用建材も設計業務・施工技術も確立されたので、今後は雨漏りするFRP防水が減っていく事を期待します。

最新の公共建築木造工事標準仕様書 平成31年版←はこちら

※2013年以前のFRP防水は、完全版の材料が無い中で、素材を工夫して作ってあり全てが不良品だという訳ではありません。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事ではFRP防水について下記の点についてまとめてみました。

この記事の内容が腑に落ちて早めに今の悩みが解決すると嬉しいです。

興味がありましたら、下記の【】関連の記事も読んで頂けると有りがたいです。

 

てな

てな

外壁塗装の専門家

塗装職人の2代目・職人15年・外装会社経営15年。塗料や塗装の知識・業者選び等…正しい情報を分かりやすく発信します。このサイトの目標は「誰もが適切な診断と良い工事が出来るようになる事」

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事