台風が来る時のメッシュシートの対応方法

台風が来る時のメッシュシートの対応方法

外壁塗装の工事中に台風や大風が吹き荒れる事があります。

足場のメッシュシートに台風などの強風が当たると危険です。

メッシュシートごと足場が風にあおられて揺れ、足場がご自宅やお隣の家自体を壊してしまいます。

最悪、足場が倒壊してしまえば家の破壊は修復困難な程になってしまうかもしれません。

この記事はこんな方にお勧め
  • 外壁塗装の工事中に台風が来たらどうしようと思っている方
  • 今外壁塗装中で、これから台風が来るので心配な方
  • これから外壁塗装の足場が建つのだけれど、台風が向かって来ているので心配な方

風が吹くとメッシュシートが危険な理由

では、台風が来ると足場はどのような状態になっていくのでしょうか?

  • 風にあおられて揺れる
  • 揺れた足場が家に当たる
  • 当たった部分が壊れる
  • 足場が倒れてしまう
  • そして…このような状況に…!

風で倒壊した足場

風で倒壊した足場

このようになってしまうと大変ですから、台風が迫って来たら風の影響を受ける前に対策を施します。

台風が来る時のメッシュシートの対応方法

外壁塗装工事で気を付けなければならない【風とメッシュシートの対応方法】には概ね3つの方法があります。

風の強さによってこれらを適切に判断して対応をします。

台風が来る前のメッシュシートの対応方法

台風に備えメッシュシートを縛る職人

まずは台風の前にすることです。
台風前の対応は一番厳重です。

下記写真のように足場のメッシュシートを畳んで縛っておきます。

足場本体だけになってしまえば、風は自由に通り抜ける事が出来るので、足場が倒れはしません。
足場自体の揺れも最小限に抑えられます。

全部のメッシュシートを絞って縛るのは大変なのですが、これが安全第一の方法です。

足場のメッシュシートを畳んで縛台風の前には足場のメッシュシートを畳んで縛っておきます

足場のメッシュシートを畳んで縛台風の前には足場のメッシュシートを畳んで縛っておきます

足場のメッシュシートを畳んで縛風を受けなければ足場は倒れません

足場のメッシュシートを畳んで縛風を受けなければ足場は倒れません

強風が来るかもしれない時のメッシュシートの対応方法

次に、台風では無いけれども強く風が吹いている時の対応方法です。

全部のメッシュシートを縛るのは大変です。
なので、風が当たり通り抜ける屋根の上の方のメッシュシートを下げたり絞ります。

屋根の上に通る風を通すようにするだけでも、効果はあります。

強風が来るかもしれない時のメッシュシートの対応方法
屋根より上の部分のメッシュシート全体を下げています
強風が来るかもしれない時のメッシュシートの対応方法
こちらは三角に絞って風を通すようにしています

ちょっと風が強い時のメッシュシートの対応方法

外壁塗装では天気の都合などで足場が掛ってから実際に工事が始まるまでの間があいてしまう時があります。

その期間は誰も現場に職人が来ないので、急に風が吹く日が来てしまうと対応が出来ません。

そのような時には足場のメッシュシートの真ん中を四方開けておくことで対応する場合があります。
(建物の立地状況による)

このように建物の中央を風が抜けるようにしておくことで、多少の風が吹いても全面で風を受ける訳では無いので安心です。

風を除けるメッシュシートの貼り方 風を除けるメッシュシートの貼り方
風を除けるメッシュシートの貼り方 風を除けるメッシュシートの貼り方

このようにあらかじめ風を除けておけば、万が一急に風が強く吹く日があっても安心です。

塗装が終了した後のメッシュシート

塗装が終了していれば、メッシュシートは外しておきます。

足場の解体までメッシュシートが張りっぱなしの工事現場もありますが、足場を外すまでに強風が吹いたらとても危険です。

その他にもメッシュシートが張られたままだとこんなデメリットがあります

[list class="stitch-blue"]
  • メッシュシートが邪魔で洗濯物が干せない
  • 不用心
  • 風通しが悪くなる
  • 室内がいつまでも薄暗い
メッシュシートがあれば室内からの見通しが悪い

外壁塗装が終了後して撤去前の足場 外壁塗装が終了後して撤去前の足場
外壁塗装が終了後して撤去前の足場 外壁塗装が終了後して撤去前の足場

メッシュシートの監理は誰の仕事?

このようなメッシュシートの監理は、足場屋さんでは行ってくれません。

基本的に現場管理者の仕事となります。
つまり一般的には現場担当者になります。
(花まるリフォームでは主に代表の高橋が行っています)

外壁塗装を行うには、約2週間程度掛かりますから7月~11月までの5カ月間に工事をする場合には台風が来る可能性がある事になります。
しかも、冬の強風や春の突風など、メッシュシートを畳まなければならないタイミングも考えると1年中いつでも有り得ます。

つまり、きちんとした監理が行える現場担当者がいないと安心して工事を任せられないでしょう。

外壁塗装の業者選びでは

  • メッシュシートの管理者は誰か?
  • どんな場合に畳むのか?
  • 誰が畳に来るのか?
について聞いてみると、監理の行き届いた業者かそうで無いかを判断出来るかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は外壁塗装の足場が掛っている時に台風や大風が吹いた時のメッシュシートの対応方法についてお伝えしました。

台風の被害は風の強さにより危険度が増減します。

ですから台風が近づいていたリ強風の天気予報が出始めたら、早めに以下の対策を講じておく必要が有ります。

  • 足場に張ってあるメッシュシートを全て縛る
  • 足場の上の方のメッシュシートだけを縛る・垂らす
  • 足場の中央のメッシュシートをたたんでおく