塩ビシート防水のバルコニー床メンテナンスは、張替え?塗装?

4 min 622 views

この記事は【初めて外壁塗装をする時に、バルコニーの塩ビシート床のメンテナンス方法についての解説です。

この記事を最後まで読むと、塩ビシート防水のメンテナンスについての概要が分かり、どのようにしたら良いかの判断が自分で出来るようになります。

この記事はこんな方にお勧め!
  • 外壁塗装をするついでにバルコニーの塩ビシート防水も何かした方が良いのかな?
  • ハウスメーカーからは張替えの見積りが来たけど、高いし本当にやる必要があるのかな?
  • 多少は汚れているし、塩ビシートに塗装出来る塗料って無いの?

このような方に向けて、バルコニーがFRP防水の場合のメンテナンスを適切に行うための手順を解説します。

この記事で分かる事
  • バルコニー防水の種類の見分け方
  • 塩ビ防水のメンテナンスを行う時期の目安
  • どんな工事の種類や価格帯があるのか?
  • 劣化の状況に合わせた適切な工事の方法

塩ビシート防水の基礎知識

まず最初に、初めてバルコニーの塩ビ防水をメンテナンスしようと考えた時に知っておくべき内容をまとめました。

実は、バルコニーの床の防水にはいくつかの種類(工法)があり、塩ビシート防水ばかりではありません。
メンテナンスをすると言っても、その種類の特徴を知っておかないといけません。

それぞれに対応する工事の内容・メンテナンスの時期・金額が全く違うからです。
また、DIYで行う場合の注意点についても考えてみました。

  • バルコニー防水の種類
  • バルコニー防水の時期
  • FRP防水のメンテナンス費用
  • バルコニー防水をDIYで行うには

バルコニー防水の種類(FRP・ウレタン・シート等の見分け方)

バルコニー防水の種類の見分け方

まずは基本的なバルコニー防水の種類について解説します。

ご自宅のバルコニーが何で出来ているのか分からない方は、まずこちらから読んでみて下さい。

一般住宅のバルコニー防水の種類は、主に下記の4種類です。

一般住宅のバルコニー防水の種類
  • FRP防水 
  • ウレタン防水
  • 塩ビシート防水
  • コンクリート(仮)

塩ビシートとシート防水

塩ビシート防水は、ルーフィングシート材を用いた防水の1種です。

「シート防水」には、塩ビシート以外にも加硫ゴムシートなど下記のものも有りますが、住宅用のシートは塩ビシートが多く使われています。

シート防水に使用されている材料
  • 塩化ビニル樹脂系(塩ビシート)
  • 加硫ゴム系
  • 非加硫ゴム系
  • エチレン酢酸ビニル樹脂系
  • 熱可塑性エラストマー系

塩ビシート防水の特徴

塩ビシートは2㎜程度の厚みで幅1m程度のシートを隙間なく貼り合わせて防水をします。

塩ビシートの主な特徴は以下の8つです。

  1. 耐候性、耐熱性に優れているので劣化が少ない
  2. シート同士が接合して一体化する
  3. 見た目が良い
  4. 耐久性・摩耗性に優れていて軽歩行ができる
  5. 防水が燃えにくい
  6. 改修時に廃材が出ない。(機械的固定工法)
  7. 均質な防水層を形成します
  8. 工程が少なく、工期短縮が図れます(新築時)

塩ビシート防水の住宅

ハウスメーカーの建物は鉄骨造も多く塩ビシート防水が使われています。

塩ビシート防水が戸建て住宅のバルコニーで使われている場合は、木造以外の建物が多いです。
一般的には鉄骨造ALC外壁の建物で多く使われています。

塩ビシート防水を採用しているハウスメーカー
  • 旭化成(ヘーベルハウス)
  • ダイワハウス
  • セキスイハウス
  • セキスイハイム

塩ビシートの防水のメンテナンス時期と寿命

塩ビシートのメンテナンス方法は下記2種類です。

  • 被せ工法
  • 塗装

ポイントは現状の状態と、建築時からの時期です。

塩ビシート防水の寿命は概ね15年~20年です。

外壁塗装の時期が10年~15年目だった場合はまだ貼り直しには早いので保護塗装をする事も有ります。

塩ビシート防水の保護塗装の手順

塩ビシート防水の保護塗装の手順
  1. 高圧洗浄、又は清掃
  2. プライマー(次に塗る塗料によっては不要)
  3. トップコート塗装(1回又は2回塗り)

塩ビシート防水の保護塗装用の塗料

塩ビシート用の塗料でお勧めなのは、東日本塗料のフローンESトップです。

フローンESトップ
フローンESトップ

フローンESトップの塗装

用途:屋上・軽歩行・非歩行用塩ビシート防水面の保護・美装・塗替え

フローンESトップの特徴
  • 塩ビシート防水に塗布することでシートの劣化を抑制します。(新設面・改修面)
    塩ビシート防水の可塑剤の移行(ブリード)を防ぐので、新設も塗替えもOK。
  • 簡単!工期短縮!
    プライマー不要で直接塗れます。
  • 耐汚染性に優れています。
    従来の2液アクリルウレタンや1液水性アクリルのトップコートに比べ耐汚染性に優れています。
  • 環境に優しい。
    水性・鉛フリーの環境に優しい塗料です。

フローンESトップカタログ

フローンESトップの塗装実例

塩ビシート防水の保護塗装の費用

塩ビシート防水の保護塗装の費用も、外壁塗装と同時の場合は割安に出来ます。

バルコニーの長さが5m程度で1箇所の場合…4万円前後で可能です。

単独工事の場合は諸経費等で3万円ほど割高になり…7万円前後です。

塩ビシート防水の防水のやり直し工事の手順 ①接着工法

塩ビシート防水の改修工事 ①接着工法
  1. 下地処理(防水層の浮き・はがれ部分の処理、凹み部分のカチオンモルタル等による不陸処理等)
  2. プライマー塗装
  3. 接着材塗布
  4. 塩ビシート張り付け
  5. 接合部の接着処理
  6. 立ち上がりぶ施工
  7. 端末シール処理

塩ビシート防水の防水のやり直し工事の手順 ②機械固定式

塩ビシート防水の改修工事手順 ②機械固定式
  1. 下地処理(下地の強度の確認等)
  2. 絶縁用シートの敷設
  3. 固定金具の取り付け
  4. 塩ビシートの張り付け
  5. 接合部の接着処理
  6. 立ち上がりぶ施工
  7. 端末シール処理

シート防水のやり直し工事の費用

シート防水のやり直し工事の費用は上記のようにグレードの幅が大きく一概には言えません。

外壁塗装と同時の場合は割安に出来ます。

バルコニーの長さが5m程度で1箇所の場合…10万円前後で可能です。

単独工事の場合は諸経費分割高になり…15万円前後です。

バルコニー防水の雑学・考察・豆知識

ベランダ防水のメンテナンスが難しい理由

バルコニーは雨漏りの危険は屋根よりも多い場所ですが、外壁塗装工事よりも専門性が必要な分野なので、適切な工事を行える職人が少ないのが実情です
もしも知識や技術の無い業者に依頼してしまうと、不適切な工事をされてしまい「工事をしない方が良かった」という事になりかねません…

「メンテナンス」と「改修」の違い

バルコニーと雨漏り

シート防水の協会団体

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

この記事では下記の点についてまとめてみました。

この記事の内容が腑に落ちて早めに今の悩みが解決すると嬉しいです。

興味がありましたら、他の【バルコニー】関連の記事も読んで頂けると有りがたいです。

高橋良一

高橋良一

外壁塗装の専門家

塗装職人の2代目・職人15年・外装会社経営15年。塗料や塗装の知識・業者選び等…正しい情報を分かりやすく発信します。このサイトの目標は「誰もが適切な診断と良い工事が出来るようになる事」

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事