【検証結果:3万円以下】遮熱塗料と一般屋根塗料の価格差

2 min 105 views
遮熱塗料の価格

遮熱塗料と一般屋根塗料では、どのくらいの価格差がある?

この記事では、遮熱塗料の金額について考えてみます。

「遮熱塗料と普通の屋根の塗料で、どのくらい金額差があるの?」という点について、具体的な数字を検証して解説します。

結果は20坪の家で1万2600円、40坪の家で2万6600円でした。

屋根の塗装では遮熱塗料を標準にするのがオススメと言っても、費用が高過ぎては意味がありません。
不当に高い金額で遮熱塗料を塗る業者に注意するために、この記事で確認してみて下さい。

塗装の見積り比較のための設計価格表

各メーカーから出ている【設計価格表】を元に比較表にして見ました。
実際の工事単価とは違いますが、価格差の目安として参考に出来ます。

エスケー化研
一般屋根塗料遮熱塗料差額
クールタイトF(4,350円)ヤネフレッシュF(4,050円)300円
クールタイトSi(3,750円)ヤネフレッシュSi(3,450円)300円
クールタイト(3,450円)ヤネフレッシュ(3,150円)300円
水性クールタイトフッソ(3,900円)水性ヤネフレッシュフッソ(3,600円)300円
水性クールタイトシリコン(3,200円)水性ヤネフレッシュシリコン(2,900円)300円

エスケー化研の場合、各300円の価格差です。
単純計算だと、屋根が100㎡で3万円の差額になります。(税別)

日本ペイント
一般屋根塗料遮熱塗料差額
サーモアイ4F(4,610円)ファイン4Fベスト(4,340円)270円
サーモアイSi(3,930円)ファインパーフェクトベスト(3,360円)570円
サーモアイUV(3,490円)ファインUVベスト(3,180円)310円
パーフェクトクーラーベスト(3,710円)水性シリコンベストⅡ(3,210円)500円

日本ペイントの場合、4種類の平均で412.5円の価格差です。
単純計算だと、屋根が100㎡で41,250円の差額になります。(税別)

遮熱塗料に変更した時の適正な価格差は?

上記エスケー化研と日本ペイントの差額の平均を350円として、一般屋根塗料から遮熱塗料にアップグレードした時の差額を考えてみます。

屋根の面積
(想定する家の坪数)
差額
36㎡(20坪)12,600円
45㎡(25坪)15,750円
56㎡(30坪)19,600円
68㎡(35坪)23,800円
76㎡(40坪)26,600円

結果

遮熱塗料に変更した価格差は3万円以内が適正だと分かりました。

この結果を元に屋根塗装の見積り単価を考えると、業者の誠実さが分かります。

今回参考にした【設計価格表】については下記の記事に詳しく書いています。

屋根の塗装に限らず外壁塗装の相場感が分かります。

業者の見積り単価や書類の書き方を疑問に感じたら、一度確認してみるのも良いでしょう。

高橋良一

高橋良一

外壁塗装の専門家

塗装職人の2代目・職人15年・外装会社経営15年。塗料や塗装の知識・業者選び等…正しい情報を分かりやすく発信します。このサイトの目標は「誰もが適切な診断と良い工事が出来るようになる事」

FOLLOW

カテゴリー:
関連記事